2015年に、北陸新幹線の長野~金沢間が開通し、観光地として足をのばしやすくなった富山県。そんな富山県の観光名所と言えば、黒部ダムや合掌造りを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、それらは富山駅から少々アクセスの悪い場所にあることがネックになっています。このほど、富山の新たな名所として浸透しつつあるのが「富山県美術館」です。富山県美術館は、富山駅からタクシーで約10分、徒歩でも約20分といったアクセスの良さ。それだけではなく、新名所としての地位を確立しつつあるのも納得の魅力がたくさんあるのです。今回は、そんな富山県美術館についてご紹介していきます。

美術館

富山県美術館の魅力とは?

更新日:

なんといっても、先述したアクセスの良さは富山県美術館の大きな魅力のひとつです。富山県の観光名所は、自然の豊かさとあいまった黒部ダムの広大な景観や、日本文化の歴史を重んじて現代に染まることなく守られてきた合掌造りの集落など、都会から離れた奥地にあるからこそ成り立つものが多くみられます。

それは仕方がないことではありますが、移動に要する時間を考えると、一度にいくつも見て回るのは物理的に厳しいものがあります。そんな中、ひとつでも駅から近い場所に見どころのあるスポットがあったら、苦労することなく旅の思い出を増やすことができて嬉しいですよね。

駅から近いとは言っても、街中に忽然とあるのではなく、広々とした緑豊かな公園の敷地内に富山県美術館はあります。環水公園と呼ばれるその公園は、富岩運河という海まで続く5.1kmもの運河が園内の中心を流れているのが特徴的で、青い運河と草木の緑が美しいコントラストが素晴らしい景観を生み出し、地元の人たちから長く愛されている公園です。

園内には、天門橋と呼ばれる橋や、公園全体を見渡すことができる展望台、おしゃれな外観のスターバックスコーヒーや、有名シェフが手がけるフレンチレストランまで、魅力的な施設がたくさんあります。そこに新しく仲間入りしたのが、富山県美術館というわけです。

自然の美しさを大切にしてきた環水公園なので、富山県美術館もその風景に溶け込むように、工夫を凝らしたデザインがなされています。美術館の東向きの壁面は一面ガラス張りになっていて、そこから望める景色自体がもはやひとつの作品のような気さえしてきます。昼と夜で違う風景を楽しめるのも魅力的です。

気になるのは入館料ですが、入館するだけならずばり無料です。なにかとお金がかさんでしまう旅行において、無料で楽しむことができるスポットの存在は大きいですよね。もちろん、タダと言っても富山県美術館にある展示は、見ごたえ十分の内容となっています。

近代的な体験型のアートが楽しめる!


美術館といえば、静かに鑑賞するのが暗黙のマナーとされていますよね。そのため、子どもよりも大人が楽しめるスポットというイメージが持たれているのではないかと思います。ですが、富山県美術館は、そういった従来の美術館の雰囲気とは少々違っています。作品を見るだけではなく、自らアートの世界を体感できるような仕組みが施されています。

そのひとつが、広々としたホールに設置された「インタラクティブアート」。壁一面にプロジェクターで映像が投影されていて、その壁の前で手を動かすと自分が動いた通りに絵が描けるという仕組みになっています。美術館の中では珍しいこのような体験型の展示品は、子どもにもアートの面白さや楽しさを伝えようとする美術館側の工夫が感じられますね。現代の最新技術を駆使した、アートの世界も日々進歩していることがうかがえる近代的な作品になっています。

さらに近代的な部分を感じさせるのが、廊下に設置された「ポスタータッチパネル」です。約3000点もの世界中の作品を、大型タッチパネルでまじまじと鑑賞することができます。気になる作品に触れると拡大され、実際にその作品を生で見ているような感覚を味わうことができます。ありそうでなかった先進的な試みが、大人にも子どもにも好評を得ています。

子どもたちをさらに喜ばせているのが、「アトリエ」の存在です。年齢制限はなく、誰でも参加できるワークショップが開催されています。展示を見るだけでは飽きてしまう小さなお子さんも、こういった遊び感覚で楽しむことができる場があれば満足してくれるのではないでしょうか。

昼も夜も広がる絶景!「オノマトペの屋上」

楽しい仕掛けが満載の富山県美術館の館内ですが、いちばん注目していただきたいのが屋上です。屋上を開放している美術館は非常に珍しく、それだけでも特別感がありますが、ふわふわドームと呼ばれる遊具などが置いてあり、もはや公園のような遊び場が広がっています。それでいて美術館らしい芸術性を感じられる作りになっていて、空間自体がひとつの作品と言えるクオリティの高さです。

景色の素晴らしさも言わずもがなで、青い空を近くに感じながら、環水公園や立山連峰の美しい木々や山々を一望することができます。嬉しいことに、こちらの屋上は8時から22時まで開放しているので、昼と夜とで雰囲気の違う眺めを楽しむこともできます。家族連れにもカップルにも、おすすめしたいスポットです。

アクセスよし!景色よし!入場料無料!とにかくいいとこづくしの美術館。

まだ子どもが小さかったり、アートにあまり興味がない人にとっては、美術館はすこし敷居が高い場所かもしれません。しかし、ご紹介してきたように富山県美術館は、そういった人たちでも気軽に楽しめるポイントがたくさんあります。

とくに、アクセスの良さ、景色の美しさ、そして入場料がタダといったここまでの条件が揃うのは、美術館という枠の中だけではなく、観光スポットとしてもなかなかないのではないでしょうか。魅力がいっぱい詰まった富山県美術館に、ぜひ足を運んでみてください。
以上、美しい絶景とアート作品が無料で楽しめる!「富山県美術館」...でした。

まだ「富山県美術館」への口コミ・感想の投稿はありません。

富山県美術館へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

富山県美術館の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※富山県美術館の口コミ・感想をご記入ください。これから富山県美術館が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

富山県美術館の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-美術館

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2017 All Rights Reserved.