秋の風物詩と言えば、紅葉。肌寒くなると訪れたいのが、温泉。東京が誇る山「高尾山」なら、それらを一度に楽しむことができます。今回は、そんな秋の観光にピッタリの高尾山について詳しくご紹介します。

紅葉も温泉も!見どころ満載の「高尾山」

投稿日:

秋が深まる季節こそ「高尾山」へ!


8月の祝日に「山の日」があるように、山と言えば夏が観光シーズンとされている雰囲気がありますが、高尾山観光ならば断然秋がおすすめです。

その理由のまずひとつは、圧倒的な規模の紅葉が身近に楽しめるという点です。やはり山の紅葉には圧巻の見ごたえがありますが、登山するとなると余裕をもって紅葉を眺めるのは難しいと言う人も多いのではないでしょうか。

しかし、高尾山は標高も低く、ケーブルカーやリフトも完備されています。そのため初心者でも簡単に登ることができ、大自然に囲まれながらゆったりと紅葉観光を楽しむことができます。めったに見られない山の内側からの紅葉を見に行かないのは、非常にもったいないと思いませんか?ちなみに、高尾山の紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬とされています。

さらに、近年高尾山のふもとに温泉施設がオープンしました。露天風呂からサウナまで完備された地元民からも愛される憩いの場です。こちらの施設は一年を通して営業していますが、せっかくなら気温の低い時期に訪れてみてはいかがでしょうか。高尾山の紅葉を観光して、秋風で冷えてしまった体を温めるのに最適なスポットです。

高尾山は“登る山”というより“観光する山

普段あまり山に登ることがない人からすると、登山はキツい思いをしなければいけないといった印象があるのではないでしょうか。しかし高尾山は、登る山というより観光する山とイメージしたほうが適切だと言えます。

もちろん、ふもとから自力で山頂に向かえば、それなりの体力を要する登山になりますが、ケーブルカーやリフトでのんびりと観光をしたい人にも配慮した設備がとても充実しているのです。そんな高尾山のたくさんある見どころをご紹介していきましょう。

最寄り駅である京王線高尾山口駅からすこし歩くと、高尾山商店街とよばれるエリアがあります。そば屋やお土産屋が立ち並んでおり、東京とは思えない情緒ある雰囲気が漂います。そばは高尾山の名物となっており、ふもとから頂上までを合わせると20軒以上のそば屋があります。自分好みの一品を見つけてみてはいかがでしょうか。

商店街を抜けるとすぐにケーブルカーとリフト乗り場があります。高尾山は標高が599メートルとそれほど高くなく、ふもとから中腹まではケーブルカーかリフトを使って行くことができます。乗車中には、赤や黄色に彩られた見事な紅葉のトンネルに心を奪われること間違いなしでしょう。

さらに、高尾山のケーブルカーは日本一の急勾配となっており、車内では時折悲鳴が上がるほどその傾きを体感することができます。そんなアトラクション感覚を楽しめるのも魅力のひとつかもしれません。

ケーブルカー、リフトともに降り口からすぐの場所には、ひと息つける茶屋や売店があります。テレビで何度も取り上げられている有名なお団子屋や、そばに次ぐ高尾山の名物ともされる天狗焼を売るお店もあるので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また中腹には展望台があり、頂上まで行かなくとも美しい景色を一望することができます。昼には紅葉の広がる絶景、そして夜には東京の夜景が楽しめるので、どの時間帯に行っても必見の価値があるでしょう。

このように、高尾山の中腹までは全くキツい思いをせずに観光を楽しむことができてしまいます。登山は苦手、という人でもこれなら安心ですよね。

頂上を目指すなら "1号路(表参道コース)"がおすすめ!

せっかくなら頂上を目指したいという人には、1号路(表参道コース)がおすすめです。ケーブルカーかリフトを使って中腹まで来たら、そこから歩いておよそ1時間程度で頂上に行くことができます。

高尾山には全部で7つのコースがありますが、この表参道コースは最も初心者向きで人気があり、一番紅葉がきれいなコースでもあります。山頂に向かう途中、人気のスポットであるたこ杉やさる園を通っていくので、高尾山の見どころを余すところなく楽しめるコースになっています。

なかでも、紅葉シーズンにひときわ風情を増す、「高尾山薬王院」は見ごたえ抜群です。薬王院は約1300年前、奈良の大仏を建立した僧侶でもある行基が開山したと言われています。天狗信仰でも有名なこの寺院では、さまざまなご利益が一度に受けられると人気を博しています。

観光客を歓迎するかのように点在する天狗の像も印象的で、高尾山を代表するスポットとなっているのも頷けますね。秋には、歴史ある薬王院と色づいたモミジやカエデのコントラストが美しい景色を演出しており、紅葉観光の見どころとも言えるでしょう。

薬王院からはおよそ20分で山頂に到着します。観光スポットを満喫しながらたどるコースなので、登山の苦しさもまぎれ、山頂まであっという間に感じるのではないでしょうか。天気がいい日には、山頂から富士山を見ることができます。標高が低いとはいえ、山頂からの絶景を拝めば、登頂の達成感もひとしおですね。

高尾山の新たな名所「京王高尾山温泉 極楽湯」

冒頭でもご紹介しましたが、高尾山で温泉も楽しめるようになりました。正しくは、高尾山の最寄りである高尾山口駅からすこし歩いた場所になるのですが、高尾山を訪れる人たちの間では早くも人気の新名所となりつつあります。それが、2015年にオープンしたばかりの「京王高尾山温泉 極楽湯」です。

施設内は開業してから間もないだけあって清潔感があふれており、高級旅館のような雰囲気をかもし出しています。大自然の景色を楽しめる露天風呂につかっていると、東京にいることが信じられない気分さえしてきますが、高尾山温泉を源泉とするれっきとした温泉です。筋肉痛や関節痛、疲労回復などの効能があるとされているので、登山で疲れた体を癒すのには最適ですね。まさに極楽湯の名のとおり、天にも昇る気分に浸れます。

さらに、こちらの施設では食事処やリラクゼーションサービスも用意されています。入浴後には、贅沢な食事に舌を巻き、本格的なマッサージに癒されてみてはいかがでしょうか。さらなる極上のひとときを味わうことができるでしょう。

さすがはミシュランガイド三つ星の山。あっぱれ高尾山!


東京都心からのアクセスも良く、初心者でも簡単に登山できるという気軽さ。紅葉や富士山も見渡せる美しい絶景。薬王院や温泉などといった観光スポットの充実度。ここまで条件の揃った観光地は、高尾山のほかにあまりないのではないでしょうか。

ご紹介した内容だけでも、高尾山がいかに観光しやすく、観光するべき場所であることがわかっていただけたのではないかと思います。その素晴らしさを証明するかのように、実は、あのミシュランガイドで三つ星を獲得した希少な山でもあるのです。そんな世界的にも評価された高尾山に、この秋ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。
以上、紅葉も温泉も!見どころ満載の「高尾山」...でした。

高尾山の地図・アクセスマップ

-

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2017 All Rights Reserved.