草津温泉は温泉の湧出量としては日本一を誇る日本三名泉の一つです。泉質は強い酸性泉で殺菌力が強いため、皮膚病などに効果があるとされています。また、標高1200メートルの高地に位置しているため夏でも涼しく、避暑地としての魅力もあるスポットです。

温泉

草津温泉の源泉を堪能するなら共同浴場を訪れてみよう

更新日:

草津温泉を訪れる観光客は多いものの、地元民にも古くから愛される草津温泉では、古くから住民により管理されている共同浴場があります。温泉マナーを身につける良いきっかけともなるので、積極的に利用してみると良いでしょう。

群馬県民と観光客を区別する簡単な方法として草津温泉を「くさづ」と発音していたら群馬の地元民であって、観光客は「くさつ」と滋賀県草津市と同じ発音をします。草津温泉に通い慣れて気に入っている人も、自然と本来の「くさづ」という発音をするので、地元の貴重な情報を聞ける可能性があります。

草津温泉の源泉は全部で6つある

草津温泉の醍醐味として、湯畑を観光してから温泉に入る人も多いでしょう。草津温泉特有の硫化水素臭は、源泉により違いが出るので湯の色も乳白色だけでなく無色透明なタイプや、時間が経つとやや青いものまで様々です。湧出量が多い源泉は、万代鉱・湯畑・白旗・西の河原・煮川・地蔵源泉と6種類あります。

湯畑源泉と万代鉱源泉の2種類は、温泉旅館やリゾートホテルでも引かれているので、温泉街中心地付近では湯畑源泉を宿泊先で楽しめます。万代鉱源泉は、1970年に硫黄鉱山から噴出した新らしい源泉ですが、特に高温で90度以上の湯温となっており、主に標高が高い場所で引かれている温泉は万代鉱源泉と考えて良いでしょう。

熱交換器を用いて湯温を下げて利用されていますが、副産物として出来上がる膨大な温水は、各家庭に引かれて暖房として使われるだけでなく融雪水としても利用されています。湯畑源泉を入り慣れているひとにとって、万代鉱源泉は特に酸性度が高くph1.7という強酸性ですから、肌が特に弱い人には刺激が強いので、湯上がりにお湯をかけて調整することが望ましいです。

草津温泉の宿泊先選びをする際には、引いている源泉にも注目してみると良いでしょう。

共同浴場ならば温泉旅館に引かれていない源泉を堪能可能です

共同浴場は、地元民により清掃や管理がされていますが、無料で観光客に対しても温泉マナーを守って入る限りは利用できます。万代鉱源泉と湯畑源泉以外の源泉を楽しむならば、白旗の湯へ行くと良いです。

白旗の湯は、草津温泉では唯一乳白色をしていて、白旗源泉を直接引き込んでいるので湯温が高く建物も綺麗に出来ており、観光ガイドブックにも掲載されています。湯畑から光泉寺の階段方面へ行けば見つかるはずです。温泉街では有名な大滝の湯近くにある煮川の湯は、湯船は小さいものの煮川源泉を堪能出来ます。

清掃時間直後は無色透明ですが、時間が経過するとやや白濁ぎみになるので、清掃時間からの経過時間が分かりやすいです。共同浴場の中でも特徴的な地蔵の湯は、以前から場所が移動して建て替えられたましたが、やや青みがかった透明な湯が特徴です。

移転前は非常に熱い湯温に地元民以外はとても入っていられない状態でしたが、移転後は浴槽が広くなったことで湯温が以前よりは下がっています。凪の湯は西の河原源泉を直接塩ビパイプで浴槽に引き込んでいるこじんまりとした温泉です。24時間源泉を出しっぱなしにするルールが有り、タイミング次第では激熱で知られています。

道路よりも低い位置にあることから、浴槽の湯を完全に抜けない構造となっているので、1日数回清掃を行なうことで清潔さを維持しているわけです。共同浴場の管理は、地元の人達が交代で行っているので、あくまでももらい湯の精神で利用することが大切です。

時間湯の湯もみはなぜ行われているのか

草津温泉のイメージとして、時間湯で行われる湯もみショーを思い浮かべる人が多い筈です。熱の湯で行われる時間湯の湯もみは、湯長の指示により長い板を交互に傾けながら源泉の湯温を下げるために行われます。

人により時間湯への入浴時間を湯長から指示されることになるので、真面目に湯もみを行なわなければなりません。湯もみに使用される板は、しっかり動かすと体力を使うので、高温の温泉に入れる体力を見定めるために行われています。

湯温を下げるだけでなく、これから入湯する人が高温の温泉により健康被害を受けないようにするため、適切な入浴時間を決める重要な役割を持っているわけです。湯治場で行われている本格的な時間湯については、真剣な気持ちで入る必要がありますが、熱の湯で行われている湯もみショーについては、あくまでもイベントとして行っているので、あまり難しく考える必要はありません。

草津温泉では、観光目的で入湯する人に対して行われる時間湯は、入湯事故を防止する意味合いだけがあると考えれば十分です。ただし、時間湯は熱いので心して入りましょう。

まとめ

草津温泉では、様々な源泉を堪能出来る共同浴場というシステムが地元住民によって自主的に運営されています。温泉旅館やリゾートホテルに引かれている源泉とは異なる泉質や湯温を堪能することが出来るので、何度訪れても草津温泉は飽きないわけです。

しかし、共同浴場を利用する際には、あくまでももらい湯をするという精神の下で、自主管理ルールに従って温泉マナーに注意して共同浴場をこれからも観光客も利用できる環境を守って行くことが大切です。
以上、草津温泉の源泉を堪能するなら共同浴場を訪れてみよう...でした。

まだ「草津温泉」への口コミ・感想の投稿はありません。

草津温泉へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

草津温泉の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※草津温泉の口コミ・感想をご記入ください。これから草津温泉が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

草津温泉の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-温泉

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2017 All Rights Reserved.