ジェットスター

ジェットスター(Jetstar)が欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!

更新日:

ジェットスター(Jetstar)が欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!
格安航空会社が一般化したことによって飛行機を気軽に利用できる時代になりました。旅行やビジネスなどで頻繁に飛行機を使っている人も多いのではないでしょうか。でも、予定していた便が欠航になると、あわててしまうことも。そうなると空港内が騒然とした雰囲気になることも少なくありません。そこで、ここではジェットスターが欠航になったときに覚えておきたいポイントを3つ紹介します。

ポイント1.ジェットスターが欠航になったときに選べる選択肢は2つ!スピーディーに決断しよう!

ジェットスターはオーストラリアの格安航空会社です。国内に就航している格安航空会社のなかでも突出した利便性の高さと運賃の安さを誇り、高い人気を集めています。しかし、格安航空会社を選ぶ場合、欠航率の高さが気になる人も多いことでしょう。国土交通省の調査によると、2017年7月~9月におけるジェットスターの欠航率は1.77%で、ANAの1.43%やJALの1.46%と比べても遜色ありません。ジェットスターで便が欠航になったとき選べる選択肢は2つです。1つ目は搭乗をキャンセルして払い戻しを受ける方法。2つ目はジェットスターの振り替え便を利用する方法です。

ただし、振り替え便の対象はジェットスター便のみとなり、他社の航空機への振り替えはできません。臨時便が用意されることもあるため、空港内の放送や案内を注意深くチェックしましょう。欠航が決まったらスピーディーな判断が求められます。ジェットスターの国内線は、エアバスA320型機を使用しています。座席数が180ありますので、欠航になると約180人が一斉に対応を迫られる事態になります。とくに、振り替え便は自分で手配する必要があり、先着順に予約がうまっていくため悠長に構えてはいられません。カウンターに長蛇の列ができることが多いので、コールセンターに電話連絡するほうがスムーズに振り替え便を確保できることも少なくありません。

ポイント2.ジェットスターの欠航で払い戻しを選んだ場合の返金手続きは?

欠航になったとき「どうしても移動しなくてはならない」という状況下にあるなら、すぐに払い戻し手続きをしてほかの交通手段を探すのがベストです。ただし、天候の悪化が原因で欠航となった場合は、他社も欠航になる可能性が高いでしょう。このようなケースでは便の振り替えを選び、天候の回復を待って移動するという方法も選択肢に入ってきます。基本的に、払い戻し手続きはカウンターですぐにできます。また、コールセンターや公式サイトも利用可能です。コールセンターや現地スタッフに事情を話せば、払い戻し手続きを後日に先送りできるケースもあります。

手続き方法を記載した案内や欠航証明書を現地で配布することも多いため、見逃さないようにしましょう。払い戻しは、原則現金ではなくバウチャーというクーポンで行われます。バウチャーの有効期限は半年なので、半年以内に航空券を購入する予定がない場合はむだになってしまいます。ジェットスターの欠航通知メールでは、振り替え便の予約とバウチャーによる払い戻しの2つしか案内されません。あわててバウチャーによる払い戻しに同意してしまうと現金での払い戻しが難しくなります。

しかし、ジェットスターの運送約款には、「やむを得ない事情によって発生した欠航では、便の振り替えや運賃の払い戻しに応じる」という内容が記載されています。そのため、バウチャーによる払い戻しに同意しなければ、現金での払い戻しが可能です。航空券をクレジットカードで購入した場合は登録口座への返金となり、コンビニで支払いをした場合は指定の銀行口座へ返金されます。バウチャーで支払いをした場合はバウチャーが再発行される仕組みです。

ポイント3.ジェットスターの欠航で振り替え便を選んだらホテル代や食事代は補償?

ジェットスターの運送約款には「やむを得ない事情で欠航になった場合、利用者に生じる費用について責任を負わない」という内容が記載されています。自社に責任がない場合は、欠航が原因で別途費用がかかっても補償しないというスタンスです。ところが、実際にはホテル代や食事代などの補償が提供されています。そのため、振り替え便を選んでホテルに泊まる必要が出たとしても安心です。一般的な補償内容は「ホテル代1室あたり1万円まで、夕食代1人あたり3000円まで、朝食代1人あたり1000円まで」となっています。ただし、宿泊が認められるのは、空港から自宅に帰るのに1時間以上かかることが条件となっています。

ホテルへの移動にかかる交通費も補償の対象となるものの、基本的に公共交通機関の利用に限られますが、公共交通機関が使えない場合はタクシー代が補償される可能性もあります。補償を受けるためには領収書の提出が不可欠なので、なくさないよう保管しておかなければなりません。補償に関する内容や具体的な手続きは、メールや現地スタッフによって配布される案内に細かく記載されていますのでチェックしておきましょう。

ジェットスターが欠航になったら迅速かつ慎重な判断が不可欠!損をしないポイントを押さえておこう!

飛行機が欠航になるとあわててしまう人もいるでしょう。しかし、あらかじめ欠航になったときの対処法を知っていればスムーズに動けます。ジェットスターが欠航したときは、払い戻しか振り替え便のどちらかを選ぶことになります。振り替え便を利用するときはコールセンターなどを積極的に利用して迅速に座席を確保しましょう。一方、払い戻しを選ぶならバウチャーによる払い戻しを受けるかどうかを慎重に判断することが大切です。

まだ「ジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!」への口コミ・感想の投稿はありません。

ジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

ジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※ジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!の口コミ・感想をご記入ください。これからジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

ジェットスターが欠航になったら?知っておきたい3つのポイント!の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-ジェットスター
-

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved.