LCC

低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とは

更新日:

低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とは
LCCとは「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略称です。低価格の航空会社のことを意味します。しかし、料金が安いことから、安全性を疑問視している人もいるのではないでしょうか。そこで、どうしてLCCは安いのか、その分、安全性を犠牲にしているのではないかなどといった疑問点を見ていきましょう。

国内線のLCC5社の母体とは

国内線でLCCとして運営されている航空会社には、「ピーチ」「ジェットスター」「バニラエア」「春秋航空」「エアアジア・ジャパン」があります。「ピーチ」は日本初の「LCC」で「ANAホールディングス」が筆頭株主です。「ジェットスター」は、「カンタス航空」の子会社で、「カンタス航空」のほか、「日本航空」「三菱商事」が出資しています。「バニラエア」は「ANAホールディングス」が100%株主です。「春秋航空」は中国のLCCである「春秋航空」が設立。「エアアジア・ジャパン」はマレーシアのLCCである「エアアジア」「楽天」が株主です。これを見てわかるように、「春秋航空」「エアアジア・ジャパン」以外は、大手航空会社の「日本航空」「全日本空輸」が関わっています。また、「春秋航空」「エアアジア・ジャパン」も海外で実績を積んだLCCです。

大手航空会社と変わらないLCCの安全性とは

LCCはチケットが安いことから、安全性に問題があるのではないかと考える人もいます。しかし、安全性においては、LCCも大手航空会社も変わりません。その理由は主に2つ。まず、パイロットになるには「定期運送用操縦士」「事業用操縦士」「自家用操縦士」の3つの国家資格が必要です。LCCのパイロットも大手航空会社のパイロットも、同じ試験を受け、合格しています。技術面に差はないといえます。また、試験に受かったからといって、いきなり一人で飛行機の操縦を任されるわけではなく、経験を積んだうえで、機長へとステップアップしていくことになります。次に、航空会社を運営する場合、国土交通大臣の許可が必要です。そのため、LCCでは国土交通大臣に対して安全面を含む事業計画などを提出しています。つまり、安全性においては、国土交通大臣のお墨付きといえます。

LCCの安さのカラクリとは

では、どうしてLCCは安いのでしょうか。それは、大手航空会社では当たり前になっているサービスを削減することで、低価格を実現させているからです。LCCがコスト削減のために行っていることは、主に2つあげられます。まず、LCCでは機内食、飲み物、毛布、映画の視聴がすべて有料です。大手航空会社はこれらのサービスが無料になっているため、戸惑う人も多いでしょう。しかし、人によっては機内食を口にしたくなかったり、映画を観たいと思わなかったりする人も。また、あらかじめカーディガンなどを用意しておけば、毛布も必要ありません。その分、安いほうがいいと思う人はいるのではないでしょうか。次に、荷物の重量が規定を超えると追加料金が取られます。荷物の重量は燃料費に大きく影響します。そのため、荷物の重量に応じた料金を取ることで、チケット料金を安くしているのです。

LCCを利用して安く国内を移動しよう

LCCが安い理由は、コスト削減にありました。安全性には問題ないので安心してください。大手航空会社と同じサービスを求めないのであれば、LCCのほうが断然お得です。航空会社に何を求めているのかを考えて、サービスよりも安さを重視するのであれば、LCCの利用をおすすめします。

まだ「低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とは」への口コミ・感想の投稿はありません。

低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とはへ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とはの感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とはの口コミ・感想をご記入ください。これから低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とはが気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

低価格の航空チケットだけど大丈夫?LCCの安全性とはの評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-LCC

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved.