飛行機

誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!

更新日:

飛行機に持ち込む手荷物の重量には制限があります。
搭乗前の限られた時間、急ぐあまり多めに買ってしまったお土産が響いて手荷物の重量が....なんてことありますよね。

そんな時、手荷物の重量をすこしでも減らすコツ、こっそりご紹介します。

衣類のポケットを活用して、預け入れ手荷物の重量を減らす

預け入れ手荷物の重量をオーバーさせないために、衣類のポケットに入るものはどんどん入れるようにしましょう。なるべく小さくて重いもの、しかし保安検査場を通過する前ですので、金属ではなく、たとえば文庫本サイズの書籍など、密度の高いものを選びましょう。

衣類として着用していれば、手荷物としてはカウントされない

預け入れ手荷物の重量がオーバーしたとき、発想を変えて、衣類など身につけられるものは身につけてしまう、というのもひとつの手です。着用してしまえば当然手荷物の重量としてはカウントされないからです。
例として、意外とバカにできないのが、着替え用のTシャツやインナー類です。
一般的なTシャツの重さは約200〜250gです。これを3〜4枚着れるだけ着用すれば約1kgは軽くすることが可能です。重量が大きい厚手の生地のものなどはより効果的ですね。
旅行や出張は、衣類をたくさん詰めがちですから、いざというときには有効な方法だと言えるでしょう。

なるべく軽い容器に詰め替えよう

次に取り上げたいのは、パッケージされているものをなるべく軽い容器に詰め替えるという方法です。容器の重さがネックとなって、本当に運びたい中身に影響が出てしまっては本末転倒です。
たとえば私用の化粧品や入浴グッズ、自宅用のお菓子・お土産品など、パッケージにこだわる必要がないものは、容器をできるだけ簡素で軽いものにすることで、重量を大幅に減らすことが可能になります。
その際の代替品としてオススメするのが、100均などで売っているビニール素材の水筒や袋などです。運びづらい液体類も、これらを駆使すれば、無駄なく、安全に運ぶことができるでしょう。

ちょっとした工夫や手間を惜しまなければ重量オーバーにはならない

手荷物の重量をへらすのに必要なのは、ちょっとした手間や工夫を惜しまないということです。
せっかく格安のチケットを購入できたとしても、荷物が重量オーバーで追加料金がとられてしまっては意味がありません。ちょっとした手間を惜しまずに準備しましょう。

まだ「誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!」への口コミ・感想の投稿はありません。

誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!の口コミ・感想をご記入ください。これから誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

誰でもできる!機内持ち込み手荷物・預け入れ手荷物の重量を少しでも減らす"ひと手間"!の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-飛行機
-

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2018 All Rights Reserved.