JAL

JAL(日本航空)に手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?

更新日:

JAL(日本航空)に手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?
航空機を利用する際気になるのは、手荷物の管理です。機内に持ち込める手荷物の重量や、預けられる手荷物の種類などを、事前にしっかりと確認しておく必要があります。そこでこの記事では、JALに手荷物を持ち込む・預ける場合に注意すべきポイントについて解説していきます。

JALの機内に持ち込める手荷物は?

JALの機内に持ち込める手荷物の個数・重量・サイズには制限があります。持ち込めるのは、ハンドバッグやカメラなどといった身の回りの品をまとめた手荷物1個まで。その合計重量は10kg以内で、サイズの限度は「縦+横+高さ」の合計で決まり、搭乗する航空機の種類によって最大限度が異なります。座席数が100席以上の航空機の場合は、サイズの合計115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)が限度です。座席数が100席未満の航空機であれば、サイズの合計100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)が限度となります。限度を超える手荷物を機内に持ち込む際は、特別旅客料金を支払って別途座席を購入することで、持ち込みが可能になります。

ただし、手荷物の種類によっては、機内に持ち込めない場合もあります。たとえば、刃物類や先端が著しく尖っているものなど、凶器となりうる手荷物の持ち込みは基本的にできません。ナイフやハサミ、スタンガン、ドライバーやハンマーといった工具、バットやゴルフクラブなどがこれに当たります。これらの手荷物を機内へ持ち込むと法律違反となり、50万円以下の罰金を科せられる可能性があります。また、喫煙用のライター・アルコール飲料・化粧品・医薬品などは、種類によって機内に持ち込めなかったり、持ち込める分量に制限があったりするので注意が必要です。

JALの空港カウンターではどんなものを預けられる?

JALの空港カウンターでは、1人20kgまでの手荷物を無料で預けることが可能です。また、ファーストクラスの利用者は、1人45kgの手荷物まで無料となります。無料分の重さを超える手荷物を預ける場合は、超過手荷物料金の支払いが必要です。個数の制限はありませんが、サイズに関しては縦・横・高さの3辺が「50cm×60cm×120cm以内」という制限があります。ただし、手荷物の種類によっては預ける際に条件があったり、預けられなかったりするので注意しなければいけません。

たとえば、ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートなどは無料で預けることが可能ですが、利用者自身が使用するものに限ります。それから、スポーツ用品や楽器など、限度サイズを超える手荷物については、航空機の貨物室に搭載できる場合のみ預けられます。ただし、目安内であったとしても、他の手荷物の搭載状況や天候状況次第で、預かり不可となるケースもあります。ペットに関しては、別途料金を支払うことで預けることが可能です。空港カウンターで預けられないものとしては、現金や宝石などといった高価な品、携帯電話や身分証明文書などといった貴重品が挙げられます。

事前に確認して手荷物をしっかり管理

JALを利用する際、機内に持ち込める手荷物や空港カウンターで預けられる手荷物には、個数・重量・サイズなどの制限があります。また、手荷物の種類によっては持ち込めなかったり預けられなかったりするので、事前の確認が重要です。注意すべき手荷物についてはJALの公式ホームページにまとめられているので、JALを利用するときは一度目を通しておくといいでしょう。

まだ「JALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?」への口コミ・感想の投稿はありません。

JALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

JALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※JALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?の口コミ・感想をご記入ください。これからJALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

JALに手荷物を持ち込む際の注意点は?どんなものを預けられる?の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-JAL
-

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved.