LCC

LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?

更新日:

LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?
年々知名度も需要も増しているLCCですが、利用にあたってのルールがわからず不安に思っている人も多いのではないでしょうか。搭乗の際に特に気になるものの1つが手荷物の機内持ち込みです。ここではLCC搭乗時の機内持ち込みについて紹介していきます。

LCCで機内持ち込みできる荷物に決まりはあるの?

一般的にどの航空会社も機内に持ち込める荷物は身の回り品に限られています。身の回り品とは、ハンドバッグ、パソコン、傘などのような小型の荷物のことです。機内に持ち込める荷物にはサイズ制限があり、航空会社ごとに条件が異なります。例えばピーチ航空は、重さが7kgまでで手荷物の3辺の合計が115cm以内と定めています。ジェットスターも重さは7kgまでですが、これはエコノミークラスのみの適用で、ビジネスクラスでは14kgまでという規定です。持ち込める数は手荷物1つというところもあれば、その他の身の回り品をもう1つプラスして2つまで可能としているところもありますので、搭乗前によく確認しましょう。そして、サイズオーバーの大きな荷物や身の回り品以外のものは、搭乗前のチェックインカウンターで受託手荷物として預けることになります。

LCCで機内持ち込みが禁止されているものは?

LCCで機内に持ち込むことが禁止されているのは、危険物にあたるものです。例えばハサミやナイフといった刃物は機内に持ち込むことはできず、受託手荷物として預けることになります。しかし、ハサミの中でも刃先が6cmに満たない化粧用のハサミは持ち込みが可能な場合もあります。さらに、スプレー缶やライター、マッチなどのように爆発や火災を引き起こす恐れのあるものは、機内はもちろんのこと受託手荷物として貨物庫に乗せることもできませんので、荷造りの際は注意しましょう。リチウムイオンが使われたバッテリーを搭載しているデジタルカメラや携帯電話などもそのままでは持ち込めません。必ず機器の電源を切り、衝撃を与えないように布などに包んで保護しておく必要があります。また、ペットも機内へ連れていくことはできません。キャリーケースに入れてチェックイン時に預けるようにしましょう。

LCCの機内に飲食物は持ち込める?

LCCに限らずどの航空会社も、国際線に関しては飲食物の持ち込みに厳しい制限を設けていますが、LCCの国内線はそれほど厳しい制限を設けていません。おにぎりやお弁当などの軽食を事前に購入して、持ち込むことができるなどあまり規制は厳しくない傾向にあります。しかし、一部のLCCでは持ち込んだものの飲食を禁止してこともありますので、搭乗前によく確認しましょう。さらに、注意が必要なのが飲み物です。アルコールの入っていないペットボトル飲料には制限がありませんが、アルコール入りのものは5リットル以内と決められています。ただし、LCCの中にはアルコール飲料を持ち込めても飲むことを禁止している航空会社もありますので、お酒を飲みたい場合は機内販売のものを購入して対応しましょう。そして、アルコール度数70%以上の飲み物は、引火の恐れがあるため持ち込み禁止です。

LCCの機内持ち込みはルールを厳守しよう

飛行機は、ひとたび事故が起きると大惨事になる可能性が高い乗り物です。そのため、手荷物についてはルールを厳守することが必要になります。わからないことは予約やチェックインをする際に確認するなどして万全な準備を心がけ、快適な空の旅を楽しみましょう。

まだ「LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?」への口コミ・感想の投稿はありません。

LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?へ行ったある方の口コミ感想をお待ちしております。

LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?の感想・口コミ・レビュー投稿フォーム

お名前(ニックネーム可):

口コミのタイトル:

※LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?の口コミ・感想をご記入ください。これからLCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?が気になる方に参考になるような意見をお待ちしております。

評価おすすめ度:

LCCで機内持ち込みできるのはどんなもの?制限はあるの?の評価は、 5.0点満点中 0点です。現在件の口コミが寄せられています。

-LCC

Copyright© 全国おすすめ観光スポット@ベスト格安航空券のお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved.